soramado family yamaguchi 家づくりスタイルwebサイト in 山口
HOME
「SORAMADO」ってどんな家?
SORAMADO FAMILYに参加しよう!
モデルハウス
SORAMADO GALLLY〜ソラマドギ
SORAMADO GALLLY〜ソラマドギャラリー〜
SORAMADO スタッフ紹介

資料請求は、こちらから。
本HPに関するおお問い合わせ(電話)083-253-2323
blog soramado cafe
お問い合わせ
会社概要
アトリエSORA
プライバシーポリシー
特定商取引法に関して
SORAMADO FAMILYのブログ
アトリエSORA スタッフのブログ
SORA MADO(空窓)FAMILY お施主様による交流ブログです。
建築家との家づくり!「香川県在住のコーチ&コピーライターの家づくり日記」
まみおのおうち建築中!
ぐりぐり×AROS「くらしCafe」
K-HOUSE project
STUDIO Naturally
「SORAMADO」ってどんな家?
ソラマド(空窓)。
それは、空にむかって開いた大きな窓。
そこから降りそそぐ穏やかな陽光と風が、住む人を居心地良くさせてくれます。
家族で青空を眺めながら、くつろいだり、寝そべったり、遊んでみたり…。
1
SORAMADOは1,000万円台から始まる建築家との家づくりです。
1

「建築家が考える家づくり」と聞いて、
みなさんは、どのようなイメージを持たれますか?

「建築家って、気むずかしい?」
「自分たちの想いをカタチにしてもらえるの?」
「価格が高くなるのでは?」etc・・・。

SORAMADOが目指しているのは、
これから子育てをはじめていこうとされる
20代後半〜30代の方にとっても無理のないコストで
夢を実現していただく家づくりです。

部材調達ルートの確保とシンプルな構造によって
コストは明確です。
中心となる価格帯は1,500万円前後です。

それでいて、
「人とは違う自分らしい住まい」
「建築家がデザインするセンスの感じられる住まい」
をSORAMADOなら実現できるはず。

そして、何よりも、“楽しい家づくり”
SORAMADOにはあります。
家づくりが楽しければ、必ず、暮らしも楽しくなるはず。

ワクワクする家づくり、期待がふくらむ家づくり、
想い出になり、愛着が増す家づくり。

SORAMADOで、これから何十年も続いていく、
自分らしい暮らし、家族との暮らしを創り上げていきませんか?

1
1
1
1
いろいろな家でいろいろな暮らしがあるけれど、長く付き合える家がいい。
手がかかる家もあれば、手がかからない家もある。
だれが住んでもかまわないが、その家が愛されることが幸せを呼ぶ。
家という器は、その中にあるものを育て、美しく見せる。
そして、心地好くさせてくれる。
しかし、居心地は常に一定しているわけではなく変化しつづけていく。

SORAMADOは、器の中身である間取りを自分たちの暮らしに合わせて、進化させていこうという考え方の中から生まれたライフスタイルです。

建築家 井内清志
1958年岡山県生まれ。98年関西電力設計コンテスト優秀賞。
00年アメリアンウッドデザインアワード2000、JUKEN住宅設計コンテスト最優秀賞。
1
脱LDK。それは、間取りにとらわれない暮らし方。
1

家を考えるとき、
「家族構成に合わせて、何LDKにするのかを決める。」
というのは、ひとつのセオリーかもしれません。

もちろん、プライベートは大切です。
でも、限られたスペースを、
家族の人数に合わせて区切っていくというのは、
何とも味気ない、窮屈な家づくりに
なってしまうのではないでしょうか?

SORAMADOは、住まいも環境、と捉えています。

だから、変化していくのは当たり前。
オープンな空間を基本に、
ライフスタイルや家族の成長に合わせて
自由にコーディネートする暮らし提案しています。

SORAMADOが提供するのは、「器」としての住まいです。
間取りは、暮らしに合わせて進化させていこうという考え方なのです。

 

1
1
子育てに、“いい住まい”は、家族にとって“いい住まい”
1

家族にとって、「子育て」は大きなテーマです。

子どもたちがのびのびと暮らせる家がいい。
走り回って元気に暮らせる家がいい。
そして、家族がいつも顔を合わせることができる家がいい。

玄関から、全く顔を合わせることなく、
自分の部屋へ引きこもってしまう間取りは、
子どもたちにとって、本当に幸せなのでしょうか?

SORAMADOは、家族のコミュニケーションを
大切にした住まいです。

子どもたちが小さなあいだは、子ども部屋を作らず、
大きなリビングを暮らしの中心へ・・・。

大きくなれば、家具で仕切ったり、間仕切りを加えればいい。
その時も、常にリビングを通って部屋に行くようにな間取りにする・・・。

そこから生まれる家族のつながりや絆は、
何ものにも代え難いものだと思うのです。

 

1
床は、国産杉板。壁は漆喰(タナクリーム)。カラダに優しい家。
1

SORAMADOの壁は、タナクリームという壁材を使っています。

タナクリームは、日本の伝統工法である
「漆喰(しっくい)」の一種で、
防火性が高く、調湿機能も持ち、季節の変化に耐え、
カビがつきにくい性質があります。

気候が季節ごとに変化する日本にあった素材で、
ホルムアルデヒトなどの有害物質・有毒ガスの発生がない自然素材。
身体にやさしいことも大きな特徴です。

家族の暮らしを一番に考えるSORAMADOにピッタリの素材です。

床材は主には杉板です。杉板の特徴は、空気を含み、
夏はサラっとして寝転がってもベトつかず、
冬は靴下なしでも暖かく過ごせます。

また、柔らかいので、小さなお子様が転んでも
怪我をしにくくなっています。

 


Copyright (C)2008 SORAMADO FAMILY YAMAGUCHI all rights reserved.